希望に応じたフライヤー印刷を実現する方法

デザイン性の高さが利点

印刷機

インパクトの強さが魅力

オンデマンド印刷で活用されることの多いフライヤー印刷、チラシやビラなどと混同されがちですが、用途はそれぞれ異なります。ビラやチラシはある程度品質はチープでも大量の方を対象にリーズナブルな費用で効果的に訴求したいときに最適です。これに対してフライヤー印刷はデザイン性の高いシーンで好んで採用される印刷物です。名詞サイズやA5サイズといったように小さいもののリーチしやすい層を対象に交付される媒体で多用される傾向があります。フライヤー印刷のメリットはサイズの小ささの割には、インパクトがあり目に付きやすいことをあげることができます。特にターゲットを絞ってアプローチできるので交付した相手でも、むげに取り扱われる可能性は低くなります。チラシでは目にするまでもなく、手渡された瞬間に廃棄されることも珍しくありません。この点フライヤー印刷、チラシのようにそのまますてられることもなく、店名や商品を訴求して記憶の片隅に残りやすいのもメリットです。またフライヤー印刷は一時的なキャンペーンというよりは、お店の告知といった周囲の状況の変化や時流の動向などに左右されることのない広告に最適です。カラオケなら飲み屋さんに、まつげエクステなら美容サロンになどと言うようにサービスやアイテムの間に親和性のあるお店同士におくのにもフライヤー印刷は最適です。ただしフライヤー印刷の素材やサイズが特殊なオーダーになることが多いので、コストも踏まえて最適のロット数をさぐる必要があります。

Copyright© 2020 希望に応じたフライヤー印刷を実現する方法 All Rights Reserved.